新型コロナ下のEC利用状況調査—futureshop

futureshopが4月から6月にかけての利用店舗での消費者のEC利用状況を調査結果として発表しました。

コロナ禍でどうなった?数字でよみ解くEコマース 〜futureshop 2020年4月〜6月利用状況まとめ〜

 

緊急事態宣言を受けて4月以降の変化が如実に出ている結果となっています。

全体に受注処理を行っていて得た感覚が数字で裏付けられている、といった感想ですが、

新規顧客が昨年に比べて3倍となっていること。

購入単価は若干下がっていること。

通販では非現金決済が定着していること。

が確認できる「良い」調査で、お店の状況を客観的に見る上で色々と参考になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です