ヤマト運輸、小口貨物の取り扱い以前好調

 

 

 

ヤマト運輸が6月の小口貨物(宅配便・DM便)の取扱実績を発表し、前年比118.7%とコロナ禍以降、扱い量は高止まりしていることがわかりました。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/pressrelease/2020/news_200706_02.html

合計(前年比%) 宅配便(前年比%) ネコポス(前年比%)
6月 118.7 115.4 149.4
5月 119.5 115.3 154.5
4月 113.2 109.3 147.6
3月 103.9 102.1 120.9
2月 101.7 100.1 117.1
1月 99.1 97.6 115.0

 

このまま推移すると、心配されるのは送料の値上げです。
EAZYの提供など、配送の効率化により経費削減に取り組んでいますが、総量増加は予想外のことであり、また、秋以降のコロナ第2波への備のためにも環境整備はヤマト運輸の喫緊の課題です。
来年4月にはグループの再編成を予定しているヤマトグループの、今年後半の動向に注目です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です